大学生が103万以上稼いだら?扶養を抜けるとは?By Initial Members Club(イニシャルメンバーズクラブ)

 大学生が103万以上稼いだら?

 

  • 「バイトで年間103万円以上は稼がない」
  • 「扶養は抜けないようにしてくれ」

大学生がアルバイトを始めれば、一度は聞いたことがあると思います。

今回は、「もし103万円を超えたらどうなるのか」を見ていきましょう。
※当内容は、税理士の方に確認してもらっていますが、法改正等にはご注意ください

  103万円以上稼ぐと何が起こるのか 

なぜ103万円を超えてはいけないかというと、両親に迷惑がかかってしまうからです。もっとストレートに言うと、親の「税金」が増えてしまいます。

大学生がもし103万円以上アルバイトで稼いだ場合、103万円以下の場合よりも、両親が支払う所得税が増加します。

「いくらその税金増えるのか」は、人それぞれことなりますので、「どのように増える額を算出するか」を把握する必要があります。

 

 両親の「所得税」が増加する 

所得税というのは、「1年間の所得に対してかかる税金」のことです。

103万円以上稼ぐことによって、両親が支払う所得税の計算が変わります。

所得税は、『(所得ー所得控除)×累進課税』という計算で算出されます。

これを表にすると、以下のようになります。

用語 意味
所得税 一年間の所得に対して
かかる税金は、
所得 年収から
所得控除 一定の条件を満たしている場合は、
それに応じた金額を、年収から差し引き
累進課税 所得に応じた税率をかけて、
計算する

※税額控除、給与所得控除の説明を省略しています。
※住民税も、似たような課税となります。

所得税は、ただ年収に対してただ税率をかけるのではなく、所得控除によって、「一定の条件を満たしている人は、税金がかかる部分を減らしてから、税率をかけ、所得税を少なくする」ことがで、これを「控除」といいます。

「103万円の壁」はご両親のこの部分に絡んできます。

 扶養とは? 

 

『扶養』というのは「養うこと」です。

すなわち、『扶養控除』とは、「養っている家族がいるから、
そのぶん所得税の支払い額を減らしてあげるよ」ということです。


つまり、「養っている親族がいる」ということを、国に申告することで、税率を掛ける前の所得額から差し引き、払うべき税金を減らうことができます。

大学生であればその金額は、「63万円」になります。

具体的には、子供の大学生が一人いる場合、支払うべき所得税は、

  • 年収 × 所得税率

と本来なるのが、

  • (年収 - 65万)×所得税率

となるのです。

 

 養ってもらっている=年収103万以下 

しかし、「養っているのか、実際は自立しているのか」は人によります。

 

何より国としても、本来得られる税金をとっていないので、本来得あれば、徴収したいはずです。

 

そこで、「収入が高いため、養っているとは認めない基準」を設定しました。これが、「103万円」です。

 

「扶養を外れる」とは、「養ってもらっているという基準から外れる」ということになります。

 103万以上稼いだ影響 

もしも103万円以上稼ぐ場合、「養ってもらっている」条件から外れてしまうため、親御さんは、子供を、扶養家族とすることができません。

言い換えると、本来予定していた「63万円」を扶養控除することができません。

つまり、「大学生が103万円以上」稼ぐと親の所得税が、「63万×税率」分増えることになります。
(※特定扶養親族の説明になっており、一般の扶養親族の場合、38万円となります)

例えば、年収600万の親さんの場合、所得税率は20%なので、扶養を抜けると約12万円ほど所得税が増加します。
※他の所得控除もあるため、明確にはここだけでは計算できません。

 

さらに、自分自身の住民税も、所得税ほどではないですが、増加します。

もしも、103万円以上稼ぎたいのであれば、「増えた分返せばいいだろ」という態度だけではなく、しっかりと親を納得してもらうようにしましょう。

この記事を担当しました!

ポカリ

1 Star (この記事を気に入った方はスターをお願いします!)
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です