スケジュール管理で資産を増やす

 

 

富=?

突然質問ですが、富をイコールで表すなら皆さんはなんと答えるでしょうか?

これには色々な考え方と答えがあると思います。

 

34a17fc4cc59e627d0afb7c510a33e5b_s

 

 「今日、働くのをやめたら、金銭的にどれだけ生き延びられるだろうか?」 

 

この考え方は富に対して重要なことを示唆してくれます。

今銀行口座に30万円を持っていたら、一日5千円を使う生活をすると60日間、富の大きさは約2ヵ月間になるのです。

2000万円銀行口座に入っているとします。東京で最低限度の一人暮らしで考えてみましょう。

家賃が7万円、食費3万円、携帯代通信費1万円、水道光熱費1万円、交際費2万円ここまでで14万円かかります。

するとこの生活を継続しても2000万円が12年でなくなる計算です。

例え30歳で2000万円手に入れても家族もいない状態で一人暮らしを続けて、42歳には資金はなくなるのです。

例え収入を増やしても結局働く事を止めた途端に収入が無くなり生活を続けることが困難になります。

病気やケガで働けなくなった時に、自分の体で稼いでいるだけでは収入は入ってきません。自分の体がいつまで元気に働く事ができるのか保証は誰にもできないのです。

貯蓄状況についても同様のことが言えますが、50代でも30%は貯蓄ゼロの世帯があるのです。(家計の金融行動に関する世論調査(2人以上世帯調査)より)

それでは何が大切になってくるのか、資産を持つことです。

 

資産を持つことができれば、例え働く事を止める状況になったとしても資産から収入が入ってくるので生き続けることができます。

 

資産を構築するためには、様々な情報を得る為の知識が初めに必要になってきます。そのためにはまず自分の時間を投資することから始めることが大切です。

時間は作るもの

一日24時間はすべての人にとって平等です。時間は有限ですが使い方は無限にあります。

将来に向けて資産を構築するために自分の時間をどれくらい投資できるのか。

 

 

 手帳は人生のマネージャー 

 

8a8320b3e63e28fa78a52562639c0cbb_s

 

スマートフォンの普及率67%(内閣府消費動向調査/2016年3月調べ)まで増えている中で、スケジュール管理はアプリで行っている人が増えてきていますが、手帳を使っている人も多いのが現状です。

手帳での使い方をアプリに応用することでどちらも相乗効果で使うことができます。

 

 週次手帳は大きく分けて3タイプ 

バーティカル式

見開き横方向に1週間の日付が、縦に時間軸が配置される。1週間の空き時間の把握が簡単。1日に細かな予定・仕事が割り込んでくる人や予定が多い人向き。

セパレート式

見開きの左右ページを8分割し、7日+その週のメモ欄という構成。日付は左上から右下に逆N字型に流れる。1日のメモ欄が1番大きい。

レフト式

見開きの左ページの縦方向に日付欄、右ページが白紙または横罫などのメモ欄の構成。1週間単位のメモが書きやすい。

 

カレンダー型の手帳について

1ヵ月間の流れがわかるので締め切りなどの期日がわかり、1ヵ月間の予定をすべて把握できる。

しかし、カレンダーのマスの大きさにより、1日に3件ほどの予定で埋まってしまう。あまり詳細までスケジュールを書き込めない所が難点。

 

 時間を見える化すること 

 

時間は目に見えないもので、気付いたら過ぎ去ってしまいます。そこで自分の時間を見える形にして、管理しやすくすることが大事になってきます。

時間軸で使えるバーティカル式は一日にいくつも予定を書き込めるだけでなく、メモを書き込める欄もあるので自分のスケジュールを詳細まで書き込めます。

 

 色を変えて時間に優先順位をつける 

 

自分の予定に色を付けて書き込むことで重要な事項に時間を注げているのか、優先度が低い事項に時間を注いでいるのか目に見えてわかる状態になります。

4色ボールペンなどを用いて優先順位で時間を色分けしましょう。

 

 緊急と重要の考え方 

 

スティーブン・R・コヴィーの著書7つの習慣にもありますが、時間には4つの要素があります。

  • 緊急で重要な時間
  • 緊急ではないが重要な時間
  • 緊急で重要ではない時間
  • 緊急でも重要でもない時間

 

①緊急で重要な時間

緊急性があり今すぐに対処しなければいけない時間です。

具体例として

・切羽詰まった問題

・締め切りのある課題

・クレーム処理

・病気・事故

などがあげられます。

②緊急ではないが重要な時間

今すぐやる必要はないが重要な時間です。4つの時間の中でこの時間が最も重要と言われています。

具体例として

・人間関係作り

・リスク管理

・資産管理

・準備や計画

・勉強

・健康的な体作り

などが挙げられます。

③緊急で重要ではない時間

この時間が多い人は八方美人タイプになります。色んな予定は入っていますが、重要事項に時間を注げないので、進展が少なくなってしまいます。

具体例として

・無意味な電話やメールへの対応

・突然の来訪

・多くの会議

・無意味な接待や付き合い

・多くの報告書

が挙げられます。

④緊急ではなく重要でもない時間

一番生産性のない時間になります。この時間が大部分になってしまう人は注意してください。

具体例として

・暇つぶし

・長時間、必要以上の息抜き

・だらだらとした電話

・世間話

・その他無意味な活動

が挙げられます。

 

 

 

大切なのは、予定や確実に使う時間を手帳に書き込むのではなく、②緊急ではないが重要な時間を手帳に書き込むことです。将来に向けて自己投資の時間に充てる割合をどれだけ増やせるかによって人生が大きく変わるでしょう。

自分の理想の生活を叶えることも可能なのです。

 

a6a03796ec5b0a1b316d02581a391322_s

 

資産を作るためにはまず時間を投資すること。

自分の時間は有限です。しかし、使い道は無限にあります。

将来設計、資産形成に向けて時間管理を改めてみましょう。

自分一人でスケジュール管理ができない人はまずは客観的な視点で見てもらいながら行うことをお勧めします。

マネジメントは自分だけでは主観的になり、見えてない部分が出てきてしまうからです。

自分の普段の時間の使い方から資産形成の相談やキャリアプランの構築の手助けができます。

個別相談会はこちらまで

http://www.initial-members.net/

原因と結果の法則にもありますが、今の行動が将来の自分を作ります。

将来の自分の為に良い原因を沢山作りましょう!

 

 

 

この記事を担当しました!

ダックマン

1 Star (この記事を気に入った方はスターをお願いします!)
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です