NEWS

お知らせ

“スペシャリスト”を目指しつつ、 “ゼネラリスト”にもなることができる

松崎義典 ・2018年卒

Q.今はどのような仕事をされていますか?

今年から新入社員として、HPE(ヒューレット・パッカード・エンタープライズ)にて、取引先のシステムやサーバーの保守や運用の業務に携わっています。
現在はまだ研修中ですが、もう少ししたら実際に現場に出て、より修行の毎日を送る予定です。

Q,「具体的にどのような仕事を?」

極端な言い方をすれば、本当に様々なことを行っており、案件1つ1つ、お客様によって柔軟に変化します。

様々な業務をこなしていき、将来的には、「テクニカルコンサルタント」として、様々なプロジェクトを任されるようになりたいと考えています。

Q.IMC の受講を決めた理由はどのようなものでしたか?

「新しいことにチャレンジしたい」と思ったからです。

入っていたサークルの解散や、アルバイトをしていなかった時期が重なり、今までより時間ができたときに、あまり大学の勉強に身が入っていない時期がありました。そのようなときにIMCを知り、「なにか新しいことを始めてみたい」と受講を決めました。

受講当初は特に将来やりたいことがあったわけでも、投資を行ったことがあったわけでもなく、挑戦してみようというくらいでしたが、結果的には将来やりたいことが見つかり、今でも自身でポートフォリオを組み、守備重視の資産運用を行っています。

IMCで学んだ様々なことは、社会人の今でも生きていると思います。

Q.IMC を受講して、
最も良かったと思ったと思うことはなんですか?

「様々な業種や業界を、自然に幅広く学び続けることができること」だと思います。

僕は「IT」を専門に特化するいわば「スペシャリスト」を目指すような学部であったため、必然的にその分野の知識は身に着けることはできますが、ほかの選択肢を知るような機会はあまり多くはありませんでした。そのようななか、IMCのカリキュラムやセミナーで、資産形成や経済の知識というベースをもとに、自然と様々な仕事や業種を知ることができました。

世の中にはたくさんの仕事があります。しかし、多くの学生が、自身が最終消費者となるようなBtoCや、大学での学部に関わるような仕事以外は、あまり知る機会が多くないのではと思います。そのような「なかなか学生が知らない仕事」も世の中にはたくさんあります。

僕の場合は、様々な仕事を知る中で、大学で学んでいることが「自分がやりたいことなんだ」と改めて認識することができました。
そのことに気付いてからは、計画的に自主学習や、大学の授業にも身が入りました。課題があるわけでもないのに、一人泊まり込みで勉強するようなこともありましたね(笑)IMCのプログラミングカリキュラム「way garage」の企画開発にかかわることができたのも、本当にいい経験だったと思います。

そして自分のやりたいITの勉強は自分で行いつつ、セミナーやカリキュラムで幅広い業種の情報を常に取り入れ続けることもできました。IMCには様々なことを目指す人がいるので、休憩時間などに友人との話すだけでも、知らない業種業界を知ることにもつながります。

幅広い業種業界の知識は、今の仕事を行う上でも、役に立つかと思います。やりたいことを見つければ、「スペシャリストを目指しつつ、ゼネラリストにもなることができる」のがIMCの最大のメリットだと思います。

今の若者に一言お願いします!

「なるべくはやいうちに、自分が将来やりたいこと」を真剣に考えておくべきだと思います。

僕は、IMCを通じて、「将来的にやりたいこと」のイメージを固めることができました。

そして、それが実現できるような企業を探し、今の会社に就職することができましたが、仕事である以上、楽しいことばかりというわけではありません。
しかし、「今やっていることが、将来のためにつながっている」と理解することができていると、様々なつらいことに対して、意識的に取り組むことができていると思います。
そのためにも、「将来このような仕事がしたい」というイメージを固めておき、その職種に就くことは、大きな力になるはずです。きっと「やりたい仕事がない」という多くの方が、「やりたいことにまだ出会っていないか、まだ気づいていない」だけだと思います。

そして、社会人になってより実感したことは、新卒1年目はここからがスタートだということです。就活はゴールではありません。「将来のことを真剣に考え、それに向かって進んでいると自分自身で確信できる」ようになることで、就活への取り組み方も、残りの学生生活も、そのあとの仕事への取り組み方も大きく変わります。

ぜひ、将来やりたいことを本気で見つけてみてください。

その他のインタビュー記事