NEWS

お知らせ

自分が同期の中で突き抜けた存在になるために

廣田 峻平 ・2019年卒

Q.今はどのような仕事をしていますか?

大手アパレルU社(企業名自粛)で、今年の4月から新卒の店舗スタッフとして働いています。

もともと内定者アルバイトとして接客スタッフを長くやっていたのですが、いざ「社会人」となって、会社のために何ができるかをより考えるようになりました。
お客様に名前を聞かれて「また来るね」と言っていただいたこともありましたし、同じ業界の方とお話しした際に、用語ですらついていくことができず、まだまだと思うこともありました。僕みたいな新人の意見でも配属先の先輩の意見は聞いてくれますし、毎日が楽しいです。

また当社では、全国の店舗スタッフでの売上ランキングがあるのですが、先週初めてランクインすることができました。これを常時ランクインができるよう、今後も精進していこうと考えています。

Q.IMC入会の経緯はどのようなものでしたか?

「好きなことをやる手段として、資産運用が適切だと考えた」からですね。

僕はIMCを受講する前から、アパレルやりたいと考え、今働いている企業への内定を頂いてはいました。しかし、「アパレルは給料が低い」という声を多く聞き、やりたいことを優先するか、それとも経済面を考えほかの業種にいくか悩んでいました。そこで、IMCで資産運用を学ぶことによってお金を稼ぐ方法を手に入れて、やりたいアパレルの仕事をやるのがベストではと考えました。現在、仕事をしながらでも資産運用を継続することはできていますし、昔に比べて資産も増えています。

他にも、父親が経営者なのですが、経営学やお金の知識をつけたいと思う機会はたくさんあったものの、いざ実行には移していませんでした。ちょうどよくそういったことも学べるとも思ったことも理由の1つです。

いざ受講してみて、お金に関してイメージすらできていなかった部分もできるようになりました。ほかにも、マーケティングといったビジネススキルも身につきました。将来について、会社を建てる、個人事業になるというような選択肢も増えました。こういった部分に関しても、今後も様々な学習を続けていこうと考えています。

Q.IMCのサポートで、一番いいと思うことは?

「人前で発表する機会がある」ことかと思います。

あくまで個人的な意見になりますが、定期開催のものとは違う、「小規模なセミナー」の中で、参加している会員全員に、「人前で発表する機会」がありました。自分が調べてきた内容をプレゼンするとか、自分が講師としてセミナーをやるような。僕は正直、「人前に立つことがあまりと得意ではない」と考えていたのですが、その苦手なものを克服するタイミングも、そうしようとも考えていませんでした。

ただ、いざ今だからこそわかるのは、

・人前で話す機会は、社会に出てからたくさん必要であること

・プレゼン能力は、経験と慣れが重要であり、実際にやってみなければ成長できないこと

です。

また、IMCで自分が発表する場合は、ほかの人も真剣に僕の話を聞いてくれるため、
しっかりと準備しなければならないですし、あの緊張感はなかな体験できるわけではありません。あのときにIMCで、そういった人前に出る機会を体験しておいて、本当によかったと思います。

Q.あなたの夢や目標、今後の展望は?

将来的な目標であれば、いろいろなことを考えています。

今の会社で本社に行って、プレスとして活躍してみたい、

好きなオーダースーツで独立して周囲の方の印象を仕立てたい、

生まれた地元に戻ってセレクトショップを開きたい…。

1つわかるのは、いまそれをやることができません。ただ、できないからって考えるだけであれば何も始まりません。やりたいことをできるようになるために、今ある「理想」と「現実」の間にある足らないものを探して、解決していきたいですね。

資金、人脈、洋服の知識、言葉遣い、営業力、こういう業界だからこそ、経験でしかわからない口で伝えられないものあります。そして、まだ足りていないのはわかりますが、「どこまで行けば十分なのか」「どこまで自分が来ているか」もまだ図ることが難しい能力も多いです。

まずは、いま働いている企業の接客術を、吸収できる限り吸収して、「販売員」として一流になりたいです。この1年間で、(会社で毎週発表されるスタッフごとの)売上ランキングで10位以内に常連で入っていけるように。

そして、全国的に同社の中で、同期を代表する販売員になりたいですね。極端な言い方をしてしまえば、「廣田の世代」と言われるくらいに突き抜けたい。

そこまで行くことができれば、今はまだ見えていない「やりたいこと」ことも、「足らないもの」も、また新しく見つかってくるとも思います。まずは、そのことを全力でやるだけです。受け売りですが、「失敗はない。どんな結果になろうが経験にはなる。やらないのが一番怖い」って、自分に言い聞かせて、積極的にさまざまなチャレンジをしていこうと考えています。

その他のインタビュー記事