NEWS

お知らせ

“躊躇”していたことを、 “行動”に移すきっかけに。

渡邉和史 ・2019年卒

Q.今はどのような仕事をしていますか?

4月から新卒として入社した、社員教育・コンサルティング会社(キャリアリンク株式会社)にて働いています。

就職活動の際には、「ビジネスの根本は人」であると考え、若いうちから人をマネジメントができるような企業で働きたいと思い、今の企業を選択しました。

まだ研修中で、具体的な業務内容は決まっていませんが、どのような配属となろうと、全力で取り組むことはもちろん、数字で見える形で評価され、自他ともに認められるような人間になれるようにと考えています。

Q.IMC 入会の理由はどのようなものでしたか?

「これを機に本気で資産運用を行おうと決めたから」です。

IMCを知る前から、「資産運用を自分で勉強して行いたい」という考えは持っていて、投資に関する本をいろいろ読み漁っていました。いくつかの本を読むうちに、運用に関する「メンター(指導者、助言者)がいたほうがいい」という内容が、共通して書かれていることに気づきました。

それが逆に「一人では難しいのでは」と考えることになっていまい、どういう順序で学びを進めるかもわからず、本を読む・勉強するにとどまり、行動には移せずにいました。そのようななか、IMCの話を知り、1対1で運用を学べると考え、受講を決めました。また、親の影響で、「将来的に起業したい」という思いもあり、その準備として、経済や経営の知識を深めることがもできると考えたことも理由の一つです。

カリキュラムを進めていき知識を高めていく中で、いままでの価値観が広がったとも考えています。資産運用はもちろんこれからも継続するつもりですし、株式の分析で身に着けた知識や情報は、いまの研修でも生きています。

Q.IMC で一番印象に残っていることはなんですか?

「目標設定」の考え方を学べたことです。

昔から「サッカー選手になりたい」「起業したい」というような、「志」に近いものはありましたが、ではそのために「何が足りないのか」、「どのように進めていけばいいのか」というような部分を深く考えてはきませんでした。「目標を決めて、逆算してステップを考える」という思考は、様々な面で生きています。

ただこれだけでなく、個別の面談のなかで、必要、学びたいことを柔軟に対応してもらったことも多く、印象に残っていることは多いです。

営業手法や会計などの知識面、モチベーションのコントロール方法や直近のニュースを解説してもらったり、ビジネスモデルを因数分解したり、理想とする生活として優先したいことと不必要なものを考えたり…。

セミナーや個別面談の内容でも、何気ない一言でも、印象に残っているプランナーの言葉は多いですね。

Q.今の大学生に一言を言えるとしたら、
何を伝えますか?

「今の時間を大切にして、いろいろな体験をしてほしい」ですね。

僕は小さいころから、夢だったサッカー選手を全力で目指してきました。大学でも部活は最後までやりきりましたが、途中でその夢を挫折してしまうタイミングがありました。

それと同時に自分がサッカー以外に全力でやったことがないことに気づきました。これじゃだめだって、何から手を付けたらいいかわからないなか、とりあえず本を読むところから初めて、親に頼るのをやめようとアルバイトを増やして、部活や大学の授業の間を使って、往復3時間かけてIMCを受講して…。笑

それでも、今振り返れば、まだまだ時間はたくさんありました。もっと、いろいろなことに触れておけばよかったとも、もっとやれたとも考えます。

社会人になったら時間が無くなるわけではありませんが、学生のほうが「自由に使える時間」が多いのは間違いありません。

なんでもかまいません。旅行でも。読書でも。自己投資でも。遊びでも。これ以上ないくらい、様々な世界に触れてみて、価値観を広げていってもらえればと思います。

その他のインタビュー記事