NEWS

お知らせ

”自分を大きく変えるきっかけ”が 欲しかった

木村功之介 ・2018年卒

Q.今はどのような仕事をされていますか?

今年 4 月から、就活時に第 1 志望であった証券会社(※企業名掲載自粛)で法人営業をしています。
最近では、IPO(新規上場企業)や大手社債販売のなどを専門で扱っていました。

Q:IMC の知識は「金融業界で働く」のにも役立ちましたか?

IMC のカリキュラムや資産運用の実践の知識によって、証券や金融業界に関する知識の座学研修はほとんど確認や復習のような状態で、必要な資格取得もかなりスムーズに進めることができました。

また「人前に立つ機会やビジネス実践の場所」があったのも、場慣れという意味で大きかったです。同期の中では、一番最初に大口契約を結ぶこともできたようで、いいスタートダッシュを切ることができたと思います。

Q.IMC の受講を決めた理由はどのようなものでしたか?

「自分自身を大きく変えたい」と思ったからです。

僕は、大学受験が思うようにはいかず、「自分自身を磨きたい・何かを成し遂げたい」とは考えていたものの、何をすればいいかもわからず、具体的な行動はしてはいませんでした。

そんな中、明らかに様々な面で成長していることが目に見える友人がいて、IMC の話を聞き、即決で受講を決めましたね(笑)

「何か大きなことはしたいけど、何をすればわからない」という方には、かなり魅力的だと思います。

IMCのサービスで、最も印象に残っていることはなんですか?

「LA(ラーニングアドバイザー:担任の専属講師)が、一人の兄のような存在になること」だと思います。

IMC では、カリキュラムや資産形成の計画、キャリアの相談などを担任講師との 1 対 1 で行うため、わからないことがあればすぐに質問できますし、ほかの人に遠慮して、聞きたいことが聞けないということにはなりません。

面談の時間以外でも、連絡を取ることもできます。年齢が近いので話しやすく、プライベートや、あまり人に言いづらいような人生観など、いろいろな話を聞いてもらったと振り返っています。

友人や家族に話せないようなことや、今までほかの人に話したことがなかったけれど、「担任に初めて話した」というようなことも多いです。話しているだけで、新たな発見になるようなこともあれば、気持ちが楽になることもあるかと思います。

僕にとっては、LA という「兄」のような存在ができることがIMC を受講する最大のメリットだと思います。

Q.今の若者に何かを伝えることができるとしたら何を伝えますか?

「お金や金融に関する知識を高めていったほうがいい」と思います。

個人の「お金」に関する知識があるかないかによって、お金の使い方を大きく変え、将来さえも変わってきます。ファイナンシャルプランナーの勉強をしてみるだけでも入口としては十分です。

また、世の中のすべてが、投資とビジネスできています。そして“金融”は、すべてのビジネスの中心点であり、全企業とつながっています。経済全体の流れや仕組みを理解するような「マクロの視点」を持つことは、どんな仕事をするうえでも必須となります。まず金融市場の理解を深め、全体像を俯瞰することで、「木を見て森を見ず」という状態になってしまうことを防ぐことができるのです。

そのようにして、「森」の流れを把握しつつ、株式投資を学ぶなどにより、「ミクロの視点」を手に入れることがオススメです。興味がある業界や企業の IR 情報(投資家情報)の中に、レポートがあるので、ぜひ目を通してみてください。その業界や企業の展望などについて、質が高い情報を得ることができます。

世の中にあるものすべてが、まずは投資によって生まれます。仕事もまた、投資によって生まれます。
金融業界を志望していなくとも、お金と金融の知識を身に着けておくことは、間違いなく大きな力となると思います。

その他のインタビュー記事