BLOG

キャリアアップに必要な有益な情報をお届けします
Venture-Academy

【活動報告】ベンチャーアカデミー「ケーススタディ」

/ IMC事務局
Venture-Academy

2020年6月、ベンチャーアカデミーYOUTUBE大学のセミナーを開催しました^^ 直近の状況を鑑み、オンラインでのLIVE配信となっています。

「実際の企業の運用例」を研究し参考に

今回は実際の企業のYOUTUBEチャンネルの運用例を参考に、 「ケーススタディ」を行いました。

  • 新規ビジネスを立ち上げる
  • 人材紹介事業につなげていく
  • 社内に専属の担当をしていける人的は不足している
  • 完全外注化するほどの資金リソースもない

という条件の元、講師が実際にどのように運営して行ったかを紹介していきました。  その時の戦略や判断材料、分析手法は、今後の一人一人のチャンネル運営の参考になるはずです。

「ディレクション」が非常に重要

「ディレクション」とは、指導や監督、演出という意味の言葉で、スケジュールや進行管理を含め、「総合的な演出」のことです。YOUTUBEチャンネルを運営していくには、この「ディレクション」が非常に重要になってきます。例えば、見ている視聴者やチャンネルの志向に合わせ、部屋の雰囲気や服装を合わせたり、原稿の内容などを調整することなどが挙げられます。

ディレクションをしながら、PDCAを回していくことが重要です。

部分的な「外注」や、広告を出すことも選択肢に

YOUTUBEを運営し軌道に乗っていきたあとも、全てを自分で取り組む必要はありません。軌道に乗ってきた場合、部分的な「外注」も選択肢に入れることができます。「動画全て」ではなく、例えば「音声だけ」外注し、残りを自分で作ると行った方法も可能です。今の時代では、クラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスで、簡単に仕事の一部を外注することも可能です。

また、何かしらの目的を達成するために、TrueViewディスカバリーと行った広告を出すことも戦略としては候補に上がってきます。

ただYOUTUBEで動画作成を学ぶのではなく、こういった「様々な戦術」を学ぶことができるのも、ベンチャーアカデミーの強みです。

 

☞ベンチャーアカデミーに申し込む