BLOG

キャリアアップに必要な有益な情報をお届けします

座る位置マナーの解説《室内編》席次(上座・下座)の基本をわかりやすく!By Initial Members Club(イニシャルメンバーズクラブ)

/ IMC事務局

 

席次の解説
座る位置のマナー室内編【図解】

日本では、「立場や関係性によって、座る位置が変わる」というマナーがあり、これを席次(上座・下座)といいます。

 

室内や車、エレベーターといった様々な場面で、この席次は一般常識として適応されるうえに、状況によって、その判断が難しい場合もあります。

 

ここでは、基本的な席次の内容と、室内の席次のマナーについてまとめてありますので、「どこが上座で、どこが下座なのか」がわかるようになりましょう(^^)

上座・下座とは(席のマナー)

「上座、下座(かみざ・しもざ)とは、日本の室内に関する席のマナー」のことです。

 

商談などの応接室や、飲み会の席、タクシーなどの車やエレベータなどの乗り物など、様々なシチュエーションで存在します。

 

上座とは、目上の人、そこでいう立場が上の人、役職が上の人が座ります。

 

逆に下座とは、目下の人、役職が下の人が座ることになります。

 

 

☝目上・目下とは?

  • 目下:お金をいただく(サービスを提供する)側
  • 目上:お金を払う(サービスを受け取る)側

例えば、自分が相手先に営業に訪問した場合、
自分たちが目下になります。

 

 

基本的には入り口より遠い席が上座

上座・下座の基本的な考え方として、
「入り口との距離との距離が遠い席」が上座になります。

一般的な席次

なお、これから紹介していくように、
部屋、椅子の種類、乗り物などによって、様々に変化します。

ここでは、室内の席次について詳しく見ていきます。

 

☝上座・下座の歴史

これには諸説ありますが、日本の住宅の畳の部屋にみられる座敷づくりである、「床の間」が影響していると考えられています。
「床の間」は仏画や掛け軸、活けた花などを飾る、「神聖な場所」とされており、部屋の入口から遠い落ち着く場所に作られていました。
その神聖な場所に、身分の高い人に座ってもらうようになったといわれてます。

もちろん、ケースバイケースであり、
部屋によっては、違う場合もありますので、
しっかりとポイントを押さえておきましょう。

 

二人掛けのソファー席がある場合の席次

入口から最も遠い席が上座となるのはもちろん、
「二人掛けのソファーと、一人掛けのソファーがある場合には、二人掛けのソファーが上座となります。」

ソファーは幅も広く、ゆったりしていてくつろげるため、目上の人が座るべき椅子となります。

 

☝椅子によっても上座・下座がある

このソファーの例のように、
「椅子の形によっても上座・下座があります。」

一般に椅子の格式は、以下のように言われています。

 

  1. ソファー
  2. アームチェア(左右両側に肘掛けがあるもの)
  3. アームレスチェア(肘掛けがない椅子)
  4. スツール(背もたれがないもの)

 

なお、同じ部屋に、様々な椅子の種類がある場合、たいてい席次にそった席が配置されています。

しかしもし、上座下座の位置と、椅子の格式が同じでない場合もあります。

その場合、入口からの距離という、
「通常の上座・下座を優先」するようにしましょう。

 

 

片側に3名以上座る場合


長い机に対して、片側に3名以上つく場合には、
通常の入り口からの距離に加え、中央の席が上座となります。

複数人での商談などの場合で見られ、お互いの企業の目上・目下という関係性に加え、これが代入されるため、お互いの最も立場が上の人が、真ん中に座ることになります。

 

会議の場合

会社での会議のように、
議長がいる場合には、議長に近いほど上座となります。

なお、会社での立場が上であるほど、目上の人という扱いになります。

 

 

丸テーブルの場合

丸テーブルの場合は、
通常通り、入り口から遠い席が上座となります。

そして、その席を中心に、出入り口に近づくにつれて、席次が下がっていきます。

なお、席数に対して、人数が少ない場合には、
同じ間隔で席を使用するか、該当する上座の席のみ(上記の図で4人で使用すれば、1~4までのみ使用する)というパターンがあります。

 

これらを「基本」として応用する

ここまで、室内の席次についてまとめてきましたが、「これらを把握したうえで、状況によって対応する」ようにしましょう。

 

例えば、上座・下座が違うからと、指定された席に座らないのは大きなマナー違反です。

 

ほかにも、たとえ入口から遠い席だとしても、素敵な景色が見れる場合であったり、上司が入口に近い位置を好む人である場合など、
すべてに成り立つルールというわけではありません。柔軟な対応も必要です。

 

この席次というマナーが、
来客や目上の人、年長者に対する敬意を示しているものだということを、しっかりと理解しておきましょう。