BLOG

キャリアアップに必要な有益な情報をお届けします
igarage

VR、AR、MRについて【テクノロジーコラム】

/ imc-admin

みなさんこんにちは!

これから不定期にはなりますが、みなさんのITリテラシーを高めるべく新技術やIT関連のコラムを配信して行こうと思います^^

興味のある方や知識を蓄えたい方などぜひご覧ください!

第一回のテーマは

「VR AR MRについて」

 

そもそもこの3つが何か、という人のためにまずはそれぞれの技術について説明して行こうと思います。

VR(Virtual Reality)とは

日本語では「仮想現実」と呼ばれます。コンピュータ上やヘッドマウントディスプレイなどのデバイスを通じて仮想環境を映し出し、自分がその中にいるような臨場感・立体感を出す技術です。
「VR元年」と呼ばれていた2016年には、Oculus RiftやPlayStation VR、HTCviveなどのヘッドマウントディスプレイがリリースされゲーム市場での革命が起きました。

 

 

AR(Augmented Reality)とは

日本語では「拡張現実」と呼ばれます。スマートフォンなどのデバイスに映した現実空間に情報を付加したり強調したり、現実世界の情報を拡張する技術です。皆さんに馴染みがあるもので例を出すなら、映像加工アプリのSNOWやポケモンGOのARモードなどではないでしょうか。

 

 

MR(Mixed Reality)とは

日本語では「複合現実」と呼ばれます。簡単に言うと、VRとARをミックスしたものであり、仮想空間と現実空間を融合した複合空間を創出する技術です。マイクロソフトが発売しているHoloLensがMRデバイスとしては有名でしょうか。今後、開発者用だけでなく消費者版がリリースされてくるとなると要注目ですね!

などと、難しく書いておりますが簡単に3つを言ってしまえば、

VR → HUNTER×HUNTERのグリートアイランド
AR → ドラゴンボールのスカウター
MR → 名探偵コナン ベイカー街の亡霊

をイメージしてくれると分かりやすいかと思います(笑)

上記の3技術は世界的なマーケットの広さも期待されており。
2025年には現在のPC市場(ハードウェア)規模まで膨れ上がるとも言われている程です。

有名な使用例としては、PlayStation VRやポケモンGOの様なVR、ARゲームが注目を浴びていますが、医療業界への進出としてオペの練習に使われていたり、商品詳細を付加するARが小売市場に参入したりと、様々な業界への進出がなされています。

また、今回この技術を取り上げたのも、3技術はUnityという開発環境を使用するケースが多く、世界的にも習得者が他に比べ圧倒的に少ないものが使われており、これからプログラミングを学んで行く方などには非常に大きなチャンスとなって行きます!

これからもこの3技術からも目が離せませんね!関連企業や業界などもしっかりとチェックしておきましょう!!