BLOG

キャリアアップに必要な有益な情報をお届けします
igarage

【初心者オススメ】Ruby on Railsとは?特徴についてわかりやすく解説!

/ kyo

プログラミングを始めたいと思っている人の中には、

  • 何を学ぶべきかわからない
  • 何から始めれば良いかわからない

という方も多いと思います。

プログラミングスクール「iGarage」では、プログラミング初心者の方には、
「Ruby on Rails」をおすすめしています^^

今回は、プログラミング言語「Ruby on Rails」の特徴について、わかりやすく解説致します^^

 

Webアプリケーションフレームワーク「Ruby on Rails」

出典:Ruby on Rails

iGarageでは、「Ruby on Rails」というWebアプリケーションフレームワークを学びます。

 

Webアプリケーションフレームワークとは?

そもそもWebアプリケーションフレームワークとは何なのか。

まずフレームワークとは、骨格や骨組みといった意味です。つまり、Webアプリケーションフレームワークとは、Webアプリケーションを作るための骨組みということになります。

例えると、家を建てようとした時に、「自分で木を切り倒して加工する」のではなく「他の人が作ってくれた木材を使う」といったイメージです。

Webアプリケーションを作る上で必要となる機能などをあらかじめ用意してくれています。

これを使えば、スピーディーにWebアプリケーションを作ることができるようになるのです。

 

Ruby on Railsとは?

Ruby on Railsとは、Rubyというプログラミング言語を使ったWebアプリケーションフレームワークです。これによって、効率的に開発を効率的に進めることができます。

また、あらかじめ用意された骨組みを深く読み解いていくことで、Webアプリケーションの設計力を身につけることができます。

Ruby on Railsは、近年では特にスタートアップでの人気が高く、WebサイトやECサイト、業務システムなど広く利用されています。

 

なぜRuby on Railsを学ぶのか

 

Webアプリケーションフレームワークには、Ruby on Rails以外にも多くの種類があります。

では、なぜiGarageではRuby on Railsを学ぶのでしょうか。

 

Ruby on Railsのメリット

初心者でも習得しやすい

Ruby on RailsではRubyというプログラミング言語を使っています。

この言語自体が非常にシンプルで読みやすい言語です。

またRubyは、まつもとゆきひろ氏によって作られた国産のプログラミング言語なので、Ruby on Railsも日本語の記事や参考資料が多く、壁にぶつかっても解決しやすいです。

 

効率的な開発ができる

あらかじめ用意されている骨組みを利用することで、スピーディーにWebアプリケーションを作ることができます。

Ruby on Railsの哲学に「同じことを繰り返すな」「設定より規約が優先される」という基本理念があります。同じことを何度も書くことを避け、ルールに則ってコードを書くことで、圧倒的に少ないコード量で書くことができます。

これによって、個人でもチームでも効率的に開発を進めることができるのです。

 

Web関連に強い

WebサイトやECサイト、マッチングサービス、スクレイピングなどWeb関連のものはどんなものでも作れます。

Ruby on RailsはWebアプリケーションを作るためのフレームワークなので当然Web関連に強いわけです。

また、開発速度が速いことや機能の追加・変更が容易にできることから、業務システムの開発にも向いています。

 

設計力が身につく

ただコードを設計された通りに書いていくだけでは、設計力は身につきません。

Ruby on Railsであらかじめ用意されている骨組みを使ってWebアプリケーションを作りながら、その骨組みを深く読み解いていくことによって設計力が養われていきます。

  • プログラマーとしてキャリアアップを目指している
  • フリーランスで仕事を取れるようになりたい
  • プログラマーと十分に仕事上で話せるようになりたい

という方は特に、設計力が必須になります。

 

Ruby on Railsで何が作れるのか

 

前回紹介した

これらのサイトはRuby on Railsを使って作られています。日本のサイトも海外のサイトもかなり有名なものが多くあります。

iGarageでは、Ruby on Railsを学ぶことでどんなWebサイトでも作れるようになります。

 

どのようなことができるようになるのか詳しく知りたいという方はこちらの記事「iGarageで何ができるようになるの?」もぜひ見てください。