BLOG

キャリアアップに必要な有益な情報をお届けします

「加計学園問題」について!学生でも0からわかりやすく解説【ニュース・時事解説】

/ ハンカチ

 

加計学園問題について
わかりやすく解説

「加計学園」というニュースが、日本の国会やニュースを騒がせています。

森本学園問題」に続き、再度安倍総理の進退問題にかかわることとなっています。

ここでは、誰にでもわかるように、この加計学園の問題について解説していきます。

「加計学園」の何が問題なのか

この加計学園問題の最大のポイントは、
「安部総理が、自分の立場を利用して、友人が理事長を務めている加計学園に対して、不正な利益をもたらした可能性がある」ことです。

 

加計学園の理事長は、安倍総理の昔からの友人です。

そして、その学校の運営に、国からのいくつかの支援がされました。

その具体的な支援の内容として

  • 数十年ぶりに、「獣医学部」の設置が認められらた
  • 37億円の公有地がただで譲られる
  • 整備費として96億円の補助金が出される

という待遇が認められていました。

 

「この支援は、少しやりすぎており、友人だからと、安倍総理の息がかかっているのでは」と、野党が批判の対象にしています。

 

 

☝日本で獣医学部を作ることは、
長い期間認められていなかった

大学や新しい学部を設立する際には、
文部省に認可を受けなけらばなりません。

 

現在の日本は、「獣医は多すぎる」と言われており、ここ数十年、新しい獣医学部の設立は認められていませんでした。

 

今回問題になっている加計学園も、過去何度も獣医学部新設の申請をしていたものの、認められていませんでした。

 

今回、加計学園に獣医学部の設立が認められたことも、「安倍総理がなんらかの圧力をかけたのでは」と疑惑がかけられています。(当然安倍総理は否定しています)

 

 

☝野党民進党が、獣医学部設立時の書類(?)を提出

そして、野党である民進党から、この獣医学部の設立について

  • 総理のご意向だと聞いている

など話したと記されていた書類を提出しました。

 

これが本当であれば、
「安倍総理が、友人が運営する学校に対して、自身の立場を利用して不当に利益をもたらした」ことになります。韓国の朴前大統領の罷免騒動と似たようなイメージです。

 

当然、こちらも安倍総理は否定しており、
文章自体、「怪文書」のようなイメージもつよく、決定的なものとはなる可能性は少ないです。

 

 

当然安倍総理は否定

安倍総理は、当件について、一切の関与を否定しており、「働きかけや依頼は全くなかった」としています。

 

 

しかし「過去の答弁と整合が取れていない」と指摘されており、
今後も進展が注目されます。

 

万一、安倍総理の罷免(やめさせること)に発展するように進展した場合、アベノミクスの実施の不可能性など、
森友学園の際と同じように、株価に影響を与える可能性がありま

す。

しっかりと株式市場への影響も含め、動向を見極めていきましょう。