BLOG

キャリアアップに必要な有益な情報をお届けします

【現大学2年就活】「採用面接6月開始」を継続する方針なもののの、決定方法に大きな変更か

/ IMC事務局

2021年春入社(現大学2年生)の、就職活動に関して、「採用面接の開始を6月というスケジュール維持する」方針ということが判明しました!

このニュースについて、わかりやすく解説します!

就活ルール廃止という可能性もあったが、「20年6月採用開始」というスケジュールが示された

現在、説明会などの情報の解禁、採用面接の開始といった、就活に関するルールは、経団連(日本経済団体連合会)が示しており、多くの企業の指標となっていました。これはそのルールはあくまで「指針」に過ぎず、拘束力はありません。

そのような中、就職を希望する人よりも、企業が求める採用人数のほうが多いという「売り手市場」となったことなどから、決められた日程よりも先に採用活動を始める企業が増加します。

これにより、「オワハラ(就活オワレハラスメント)」の発生や、就職活動が事実上長期化し学業がおろそかになる学生が多くなるなど、様々な問題が発生してしまいます。

形だけのものになってしまったということもあり、経団連の中西会長が今月頭に、「就活ルールを廃止する可能性」に言及し、現在の大学2年生から就活ルールそのものがなくなるのではともいわれていました。

しかし、今回、経団連と政府、大学が、「採用面接の解禁を6月1日とするスケジュールを維持する」方針が固められました。

 

政府・大学関連団体が業界団体や大学に要請する形に変更された

ただし、今まで行われていた「経団連が就活スケジュールを決める」という点が変更されることがわかりました。今後は、政府と大学関係団体がルールを作成し、業界団体や大学に要請する形で、最終調整を行う形に変更されます。採用時期を無視することが多かった外資系から中小企業まで、幅広い企業を対象とする予定です。

 

情報を常に追い続け、いつ始まってもいいように準備することが重要になるか

 

スケジュールが維持されるとはいえど、これが守られるという保障はまだありません。就活に関するルールは、歴史上何度も破られ、廃止されるという流れが繰り返されています。

 

さらに、ITに強みを持つ学生は世界的に求められているほか、必要な人材を必要な時期に採用したいという企業の考えは強まっています。グローバル化が当たり前となるなか、新卒一括採用は、日本や韓国くらいでしか採用されていません。事実上の「通年採用」となることも否定できません。

 

「両親の世代」のあたりまえが全く通用しないだけでなく、「一つ上の先輩と就活状況が全く状況が違う」ということもあり得るます。

だからこそ、常に状況の変化を取り入れ、状況に対応する必要があります。さらにいつ就職活動が始まってもいいように準備を進めておく必要があるといえるでしょう。