NEWS

Initial Members Clubの最新情報
今週の相場概況!

今週の相場概況!8月26日配信分

/ IMC事務局

相場の分析においては、
「どのような要因でどのように動いていたのか」を振り返り、分析することで、
「この後どのように動くのか」の参考材料にすることができます。

今回は今週の相場概況と、現在重要とされる相場材料をお送りします^^

8月24日(月) 日本市場

NK225 22985.51(+65.21)+0.28%
TOPIX 1607.13(+3.07) +0.19%

  • 先週末のアメリカ市場の上昇を受け上昇
  • 任天堂、マクアケなどが上場来高値更新

8月24日(月) NY市場

NYダウ 28308.46(+378.13) +1.35%
ナスダック 11378.72 (+67.92) +0.60%
S&P500 3431.28(+34.12) +1.00%

  • 3日続伸し、ナスダックとS&P500指数は連日で史上最高値更新
  • 新型肺炎から回復した人の血漿を使用した治療法の緊急使用をFDA(米食品医薬品局)が許可
  • アストラゼネカ(英国製薬大手)とオックスフォード大学が開発中のワクチンについて
  • 米国大統領選前の緊急使用の許可を検討
  • 新型ハリケーンが、石油施設が集中する米国メキシコ湾沿岸を直撃する可能性があることから供給を懸念しWTIが上昇

8月25日(火) 日本市場

NK225 23296.77(+311.26)+1.35%
TOPIX 1625.23(+18.10) +1.13%

  • 米国で冬期から一部国際線の運航再開を計画→日本航空やANAなど空運が上昇
  • 米中閣僚級会談「進展があった」と報道
  • 新型肺炎感染拡大による直前2月21日の終値23386円を6ヶ月ぶりに上昇

8月25日(火) 米国市場

NYダウ 28248.44(-60.02) -0.21%
ナスダック 11466.47 (+86.75) +0.76%
S&P500 3443.62(+12.34) +0.36%

  • フェイスブックなどハイテク株の上昇が目立ち、
  • 連日でS&P500とナスダック指数が史上最高値更新
  • 8月消費者信頼感指数が市場予想以上の悪化で6年2ヶ月ぶりの低水準
  • 7月新築住宅販売件数が13年半ぶりの高水準
  • 米中高官が電話協議で米中通商合意の「第1段階」を履行する決意を再確認
  • ダウ新規採用(セールスフォース、ハネウェル、バイオジェン)が揃って上昇、
  • 除外組(エクソンモービル、ファイザー、レイセオン)が下落
  • ハリケーン「ローラ」への警戒が広がる

8月26日(水) 日本市場

NK225 23290.86(-5.91)-0.03%
TOPIX 1624.48(-0.75)-0.05%

  • 中国市場が下落
  • ソフトバンクGが3日連続高
  • H.U.グループ(富士レビオとSRLが統合)がPCR検査の受託件数増加と
  • 日本需要空港で入国者を対象に実施する抗原検査でほぼ独占的に検査ノウハウや試薬を提供していることから大幅高
  • 新規上場企業が好調(25日:ニューラルポケット、26日:インターファクトリー)

8月26日(水) 米国市場

NYダウ 28331.92(+83.48) +0.30%
ナスダック 11666.06 (+198.59) +1.73%
S&P500 3478.73(+35.11) +1.02%

  • ハイテク株を中心に上昇しナスダック指数とS&P500指数が5日続伸、連日過去最高値更新
  • 半導体指数(SOX)も過去最高値更新
  • ジャクソンホール会合を前にした手控えムードも
  • バイオ製薬モデルナが開発中の新型肺炎ワクチンの臨床試験で
  • 若年層と同等の免疫効果が中高年層でも確認と報道
  • ハリケーン「ローラ」が「カテゴリー4」に(5段階中2番目に強い)

8月27日(木) 日本市場

NK225 23208.86(-82.00)-0.35%
TOPIX 1615.89(-8.59)-0.53%

  • 中国軍が26日に南シナ海に向けて中距離弾道ミサイルを発射
  • →米中対立懸念→軍事関連上昇(石川製作所、細谷火工、豊工業など)
  • 中国工業企業利益の減少率が縮小
  • 投資部門別売買動向において8月第3週の海外投資家は3周ぶり売越

8月27日(木) 米国市場

NYダウ 28492.27(+160.35) +0.57%
ナスダック 11625.34 (-39.72) -0.34%
S&P500 3384.55(+5.82) +0.17%

  • FRBが金融政策の指針を修正し物価上昇率が2%を超えることを容認
  • パウエルFRB議長「当面の間2%を上回る水準を目指すことが適切だ」
  • →FRBがゼロ金利政策の長期継続を公約した上で株式市場への資金流入が続くという見方に
  • 講演後に米国利回りが上昇したことで、PER(株価収益率)が高く
  • 金利上昇に弱いハイテク株が下落
  • ハリケーン「ローラ」の被害が小さいという見方に

現在の相場材料

  • 世界各国での経済活動再開後の新型肺炎再拡大の懸念
  • 新型肺炎のワクチン開発状況、その認可や流通経路
  • 日銀のETF買い入れによる株価下支え
  • 米中対立構造の激化
  • アメリカの追加の経済対策が採択されるか
  • 安倍内閣支持率低下
    :本日17時に今後の政府の新型肺炎対策を説明するのに合わせ、
    自身の健康状態についても言及予定
  • EU欧州委員会が基金創設案合意
  • 主要国中央銀行の金融緩和姿勢
  • FRBの金融政策
    米国大統領選の関連
    :本日11時30分にトランプ大統領が指名受託演説
  • イギリスの欧州離脱
  • 日経平均2020年間高値:24115.95(1月17日)
  • 日経平均2020年間安値:16358.19(3月19日)
  • 8月SQ値:23350.79

 

◇免責事項
※細心の注意を払い作成しておりますが、内容の正確性、及び安全性を保障するものではありません。
※本サービスは、投資知識の学習の為の参考となる情報の提供を目的としたもので、
特定の銘柄について、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。
※本サービスが利用者の自己責任のもと利用されるものであることに鑑み、発生したいかなる損害においても、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。
発行:株式会社トリエント

東京都渋谷区渋谷2-10−15 NV1ビル2F