BLOG

キャリアアップに必要な有益な情報をお届けします

2019年卒就活生の「企業選びの軸ランキング」!

/ IMC事務局
 2019年卒の就活生の採用情報が解禁されもうすぐ1か月がたとうとしています。
「採用解禁時点で10人に1人が内定を取得している」という、より採用日程が形骸化していると考えられ、おそらく4月には、さらに昨年の同時期より多くの学生が内定を取得していると考えられます。
ここでは、就活情報大手の「マイナビ」が発表した、「今年学生の企業選びで重視するポイント」の発表からの考察を解説致します。

1位は「福利厚生の充実」

2019年卒卒業生が企業選びで重視するポイントで、最も人気を集めたのは、「福利厚生の充実」でした。
福利厚生とは、定義からいうと、「給料以外の報酬」のことです。
それは、たとえばっ社会保険などの法律で定められている「法廷福利厚生」と、企業がそれぞれ独自に定めている「法定外福利厚生」あります。
法定外福利厚生としては、住宅手当や家賃補助、交通費、家族手当、関連企業の割引などがあげられます。

政府が、「働き方改革」に力を入れていることもあり、「職場環境」の充実が求めている学生が多いと考えることができます。

2位は「社員の人間関係がいい」

去年は1位であった「社員の人間関係がいい」は2位になったものの、かなりの回答を得ています。実際、社会人になって、「人間関係に悩む」人は非常に多いです。

なお、大学生と社会人の大きな違いは、「かかわる人たちが大きく変わる」ことです。学生のうちは、「気が合う人」とのみかかわっていればいいですが、社会人ではそうはいきません。

そのような不安を少しでも削減しようと、これがランクインしているのかもしれません。

 

3位「企業経営が安定している」

3位にランクインしたのは、昨年2位であった「企業の経営状況の安定」です。

「安定した将来がほしい」と考える学生は継続してかなりの人数います。しかし、直近「売り手市場」のこともあり、選びさえしなければ、内定をとることはそこまで難しくありません。そのため、「働き方」が重視されるようになているとかんがえられます。

 

 

 

「働き方」がより意識されて来ている

これに続き、
4位「自分が成長できる環境がある」
5位「希望する勤務地で働ける」
6位「企業の成長性が見込める」
7位「給与や賞与が高い」

と続きます。なお、「給与が高い」がここにランクしているのは、「初任給が高い企業は、ハードワークできつい」という印象を持っているからともいわれています。

「福利厚生の充実」が上位にきたことからも、「どのように働くのか」が今後より意識され、様々な変化が起きてくることででしょう。

 

 

参照:「『2019年卒 マイナビ大学生広報活動開始前の活動調査』概要」