BLOG

キャリアアップに必要な有益な情報をお届けします

一言添えるだけ!上司・先輩に言いにくいことを伝えるテクニック!

/ IMC事務局

[su_highlight background=”#f5f5f5″ color=”#051335″ class=”single-page-heading”]クッション言葉一覧[/su_highlight]

ビジネス上において、上司や取引先、お客様などに、
「何かをお願いをするとき」、「お断りするとき」、「違う意見を言うとき」など、『言いにくいことを、伝えなければならない場面』は必ず出くわします。

 

そんな時に、ただ伝えるのではなく、
「一言を添えるだけ」で、言葉の印象を和らげることができます。

「言いにくいことを言うテクニック」として
「クッション言葉」を身に着けておきましょう(^^)

 

 

[su_highlight background=”#f5f5f5″ color=”#051335″ class=”single-page-heading”]クッション言葉とは[/su_highlight]

151026M_032r_TP_Vsduyfpk

「クッション言葉」とは、人に何かをお願いしたり、お断りするときなどに、本題の前に添えて使用する言葉のことです。

クッションという言葉通り、
「言葉の印象を和らげる効果」があります。

 

たとえば、
① 「ご連絡先を教えてください」
② 「差し支えなければ、ご連絡先を教えていただけますか」

という、2つの同じ内容を伝えていても、
②の方が、相手に対して控えめな印象を与えることができます。

 

「お願い、質問するとき」「断るとき」「提案・反対意見を言うとき」というジャンルに分けて、
クッション言葉を細かく見ていきましょう。

 

 

 

[su_highlight background=”#f5f5f5″ color=”#051335″ class=”single-page-heading”]お願いするとき、質問するときの一言[/su_highlight]

 あsfヴぁfヴぁ

なにかをお願いをするときや、質問をするときは、
一歩間違えると、相手方に命令されている気分にさせてしまう可能性があります。

 

そこで、クッション言葉を挟むことによって、命令口調でなくなるだけでなく、相手にこころよく受け入れてもらう手助けをすることができます。

 

お願い、質問するときに使える
クッション言葉一覧

もしよろしければ、(ご一緒させていただきます)
恐れ入りますが、(少々お待ちいただけますか?)
お手数ですが、(もう一度送りなおしていただけますか)
差し支えなけば、(ご連絡先を教えていただけますか?)
失礼ですが、(○○様でいらっしゃいますか?)
ご面倒をおかけしますが、(ご確認いただけますか?)
勝手申し上げますが、(本日はご都合よろしいでしょうか?)

 

 

 

[su_highlight background=”#f5f5f5″ color=”#051335″ class=”single-page-heading”]物事を断るとき[/su_highlight]

相手からのお願いを断ることは、精神的にかなり言いにくいことでもあります。

しかし、断りずらいからといって、
しっかりと断らずに
できない約束をしてしまうことは、
さらに信頼を失ってしまいます。

これをしてしまっては、自分も自社も、
相手方も誰一人として得をしないのです。、

そんな時のために、クッション言葉を添えて
「相手をなるべく不快な気持ちにさせない断り方」
覚えておくとよいです!

 

同時に、『できません』『やめておきます』ではなく、
以下例のような言い回しも抑えておきましょう。

なにかを断るときに使える
クッション言葉一覧

せっかくですが、(今回はお受けしかねます)
申し訳ありませんが、(わかりかねます。)
失礼ですが、(欠席させていただきます)
残念ながら、(今回は見送らせていただきます)
大変申し上げにくいのですが、(御社の提案は今回不採用となりました)
ご期待に添えず大変申し訳ありませんが、(ご了承ください)
お役に立てず大変恐縮でございますが、(お断りさせていただきます)
あいにくですが、(○○は席をはずしております)

 

 

[su_highlight background=”#f5f5f5″ color=”#051335″ class=”single-page-heading”]提案・反対意見を言うとき[/su_highlight]

上司やお客様など目上の人に対して、
「もっとこうしたほうがいいのに」
「その意見はやめたほうがいいのではないか」と
思う場面も出てきます。

もちろん、自分が上司の場合、自分よりも経験が長いため、
自分が思いついた考えは、既に考慮されている可能性も高いです。

しかし、人間である以上、かならず間違えることもあります。

伝えたほうがいいとき、伝えなければならない場面もあるのです、

反対意見を述べることは、、
「断る」よりもさらに難しく感じることがあるかもしれません。

ぞのために、「根拠」「目的」「代案」などを示せることが大事です。

 

さらに、「それはできません」というような言い方を、
「今週は○○の為、難しいのですが、来週ならいかがでしょうか」となるだけで、受け取り方も、そのあとの会話の内容も変わります。

提案・反対意見を言うとき

お言葉を返すようですが 、(そのご意見には賛同致しかねます)
おっしゃることはわかりますが、(『別の意見』の方が正しいのではないでしょうか)
確かにその通りでございますが、(『根拠』により、賛同しかねます。)

 

 

[su_highlight background=”#f5f5f5″ color=”#051335″ class=”single-page-heading”]「疑問形」の言い回しをする[/su_highlight]

 

クッション言葉だけでなく、
他にも柔らかい表現にするテクニックがあります。

伝えたいことを、質問口調にすることです。

 

たとえば、
➀「ご確認ください」
②「ご確認いただけますでしょうか」
という2つの言い回しを比べてみても、
②の方が柔らかい印象を与えることができます。

疑問形の言い方をすることによって、
「許しをもらう」ような伝え方に変えることができるのです。

 

ちょっとしたことを依頼するときなどに、非常に便利なテクニックです!

 

 

[su_highlight background=”#f5f5f5″ color=”#051335″ class=”single-page-heading”]普段から「伝わり方」を意識しよう[/su_highlight]

こういった「クッション言葉」は、あくまでビジネス上での表現ですが、
家族・友人関係にも、この考えが非常に役に立つと思います。

「質問」「断る」「提案」する状況は多くあります。

・『○時に○駅集合で』
・『○時に○駅集合で大丈夫?』
というように、敬語の考え方を、応用できる場面は多くあるはずです。

なんでもストレートに言うことができる関係であることは、非常に素晴らしいことです。


しかし、少し表現を変えるだけで、
周りからの見られ方も変わるかもしれません。

「親しき中にも礼儀あり」ということですね!