NEWS

Initial Members Clubの最新情報

おさえておくべき今週の相場のポイント!6月11日配信分 by Initial Members Club(イニシャルメンバーズクラブ)

/ IMC事務局
当内容は、Initial Members Club(イニシャルメンバーズクラブ)会員限定メールマガジン、6月11日配信内容の一部を転用したものです。
相場を見ていくうえで、最低限押さえておくべきファンダメンタル分析の基礎を毎週お送りしています。

アメリカ市場

FRBの金融政策に関して、6月12~13日のFOMCでは、
追加の利上げが決定されることが確実視されており、
このことは現在の相場には織り込み済みと考えられます。
そのため注目点は、「今年の利上げ回数が何回になるか」です。
政策金利と同時に発表される金利見通しや、その後のパウエルFRB議長の発言において、FRBメンバーがどのように金利の見通しを想定しているかが注目され、今年の利上げ回数の予想に影響を与えるでしょう。
併せて、金融政策に影響する経済指標に関しては、
小売売上高などアメリカ景気のさらなる拡大が期待されるような市場予想となっています。
今週においては、
12日:21:30 消費者物価指数
13日:21:30 生産者物価指数
14日:21:30 小売売上高
15日:22:15 鉱工業生産
などが特に重要と考えられます。
 
 
なお、注目されていたG7首脳会議に関しては、各国に溝を残す結果となりました。
会議終了後にトランプ大統領が「首脳宣言を承認しない」と表明したものの、ここまでは市場の想定の範囲内であったといえます。
今後、「保護主義政策」に基づく世界中を巻き込んだ貿易戦争へと発展し、
世界経済が停滞する可能性には注意しなければなりません。

日本市場

14~15日に日銀金融政策決定会合が開催されます。
ここでの金融政策の変更は…
~以降は会員限定サービスです~
Initial Members Clubでは、初めて投資を始める方にも安心して投資を始めてもらえるように、様々なサービスを提供しています。

※細心の注意を払い作成しておりますが、内容の正確性、及び安全性を保障するものではありません。
※本サービスは、投資知識の学習の為の参考となる情報の提供を目的としたもので、
特定の銘柄について、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。
※本サービスが利用者の自己責任のもと利用されるものであることに鑑み、発生したいかなる損害においても、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。
Initial Members Club