BLOG

キャリアアップに必要な有益な情報をお届けします

おさえておくべき今週の相場のポイント!4月1日配信分!by Initial Members Club(イニシャルメンバーズクラブ)

/ IMC事務局



アメリカ市場

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 06d7fee2a09a246678dcd91d1973a19c_s-300x200.jpg です

現在NYダウは先週末の終値が25928ドルであり、昨年10月3日の史上最高値26828ドルを狙う状態にあると考えることができます。
先々週に景気後退の前兆で発生するといわれる「逆イールド現象」が発生したほか、同様に景気後退の前に低下する傾向がある「カンファレンスボード消費者信頼感指数」が前月よりも大幅に低下しました。過去の事例に比べ、低下した割合は限定的とえいえるかもしれませんが消費者のセンチメントが悪化していることは間違いないといえるでしょう。

米中問題に関しては、ムニューシン財務長官の「北京での協議を建設的に終えた」という発言が解消への期待につながったと考えられます。両国の協議は4月3日からワシントンに舞台を移して行われます

FRB金融政策に関し、先週FRB理事候補が、「0.5%の利下げが望ましい」と発言した直後、NYダウ平均が200ドルほど急落する場面がありました。ここだけで考えると、「景気を良くするための利下げが、株式市場に売り材料と判断された」と考えられます。かといって、利上げが買い材料になるという判断はできません。利下げが株安を招く展開はトランプ大統領にとっても誤算と言えますが、金融政策に株価がどう反応するかは、マクロ的な観点と市場の売買ポジションに左右され、上昇にも下落にも考えられるため、慎重に結果と相場の反応を見極めるようにしましょう。
経済指標に関しては、1日 21:30 小売売上高1日 23:00 ISM製造業景況指数2日 21:30 耐久財受注3日 21:30 ADP全国雇用者数3日 23:00 ISM非製造業景況指数5日 21:30 雇用統計などが特に重要です。

日本市場

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 20130522_tokyo_stock_exchange_1203_w800.jpg です

 

本日の日経平均株価は大幅上昇となっています。値がさ株のソフトバンググループやファーストリテイリング、中国関連銘柄のファナックや安川電機なども堅調な動きとなっています。

東証の再開(1949年5月16日)以降、4月相場は、…

 

~以降は会員限定サービスです~Initial Members Club(イニシャルメンバーズクラブ)では、初めて投資を始める方にも安心して投資を始めてもらえるように、様々なサービスを提供しています。


※細心の注意を払い作成しておりますが、内容の正確性、及び安全性を保障するものではありません。 ※本サービスは、投資知識の学習の為の参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄について、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。 ※本サービスが利用者の自己責任のもと利用されるものであることに鑑み、発生したいかなる損害においても、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。    

Initial Members Club