BLOG

キャリアアップに必要な有益な情報をお届けします

おさえておくべき今週の相場のポイント!《8月19日配信分》by Initial Members Club(イニシャルメンバーズクラブ)

/ IMC事務局

 

 

こんにちは!IMC情報配信部です!
今週の相場のポイントを見ていきましょう。

アメリカ市場

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 06d7fee2a09a246678dcd91d1973a19c_s-300x200.jpg です

先週、逆イールド現象(米長短金利の逆転)が12年ぶりに発生しました。逆イールド現象の発生は景気後退を示唆しているといわれていることから、リスク回避の売りを誘い、NYダウが800ドル安と、今年最大の下げ幅を記録しました。なおクドロー米国家経済会議委員長が、アメリカ経済がリセッションに向かっているという考えを一蹴しているものの、今後も意識されることは間違いないでしょう。

米中問題に関しては、本日19日に期限を迎えるファーウェイへの禁輸を緩和する暫定措置は、商務省がこの猶予期間を90日間延長する見通しだと報じました。また、通商交渉担当者の電話協議で一段と「前向きなニュース」が得られたと、上記のクドロー委員長が述べているなど、米中問題の緩和を期待させる内容が出ているとはいえ、トランプ大統領は来月1日から実施する制裁関税を拡大する「第4弾」をめぐり、「中国が対抗措置をとることはないと思うが、もし実施したら究極の報復を行うことになる」とけん制するなど、今後も米中の争いは続くと考えていいでしょう。

22日~24日で、ジャクソンホール会合(主要国の中央銀行幹部らが集まる年次経済シンポジウム)が開催されます。FRBの金融政策に関し、市場がFRBの金利をどう想定しているかを見ることができる「FED Watch Tool」では、次のFOMCにおいて、0.25%の追加利下げが約80%0.50%の追加利下げが約20%と、「市場は9月での追加利下げがほぼ織り込まれている」ことになっています。もし23日に講演する予定のパウエル議長が、再度ハト派なスタンスを示した場合、市場心理が大きく変化することも考えられます。

先週発表された小売売上高は市場予想以上の伸びとなりました。今週では
21日 23:00 中古住宅販売件数
22日 03:00 FOMC議事録
22日 22:45 PMI
23日 23:00 新規住宅販売件数
などが重要です。

 

 

日本市場

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 20130522_tokyo_stock_exchange_1203_w800.jpg です

今週はお盆休みととっていた国内勢が徐々に相場に復帰する時期です。
先週の下落に伴い大きく売り込まれた銘柄や、好調な決算をしたかかわらず、地合いに押されて、実力通りに買われていない銘柄に資金が流入し、まずは…

~以降は会員限定サービスです~Initial Members Club(イニシャルメンバーズクラブ)では、初めて投資を始める方にも安心して投資を始めてもらえるように、様々なサービスを提供しています。


※細心の注意を払い作成しておりますが、内容の正確性、及び安全性を保障するものではありません。 ※本サービスは、投資知識の学習の為の参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄について、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。 ※本サービスが利用者の自己責任のもと利用されるものであることに鑑み、発生したいかなる損害においても、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。    

Initial Members Club