BLOG

キャリアアップに必要な有益な情報をお届けします

おさえておくべき今週の相場のポイント!《10月28日配信分》by Initial Members Club(イニシャルメンバーズクラブ)

/ IMC事務局

 

こんにちは!IMC情報配信部です!
今週の相場のポイントを見ていきましょう。

アメリカ市場

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 06d7fee2a09a246678dcd91d1973a19c_s-300x200.jpg です

NYダウは、史上最高値まであと僅かと接近してきています。世の中の先行きが不透明になってくると上昇するVIXも、7月下旬以来3か月ぶりの低水準となっています。
この理由の1つとして、米中貿易戦争による世界経済リスクの後退があげられます。先週末ライトハイザー米通商代表部代表とムニューシン財務長官が、中国の劉鶴副首相と電話協議を行い「複数の分野で最終合意に近づいた」と表明、さらにトランプ大統領が「中国は合意を強く望んでいる」と発言したことにより、さらに対立の激化が後退しました。なお、この米中の対立は今後長く行われると考えられることもあり、11月中旬のAPEC首脳会議において米中が署名を行うまで予断を許さないようにしましょう。

また、今週29日、30日にFOMCが開催されます。シカゴ金利先物の値動きから金融政策を予想するFed Watch Toolでは追加利下げとなる確率が90%を超えており、市場は今年3回目の利下げを織り込んでいると考えられます。むしろ焦点は、「今年に更なる追加利下げの可能性を滲ませるか否か」となりそうです。年内はこれで利下げ打ち止めではというムードも浸透しているなか、これを変える材料がパウエルFRB議長の会見などからでてくるかが注目されます
また、米国は現在決算発表シーズンであり、28日のアルファベット、29日のゼネラル・モーターズ、30日のアップルなどが特に重要と言えます。

◆重要経済指標

29日 23:00 消費者信頼感指数
30日 21:15 ADP雇用統計
30日 21:30 GDP速報値
30日 27:00 FOMC、政策金利発表
30日 27:30 パウエルFRB議長定例記者会見
31日 21:30 個人消費支出
1日  21:30 雇用統計
1日  23:00 ISM製造業景況指数

日本市場

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 20130522_tokyo_stock_exchange_1203_w800.jpg です

日本株は10月16日に年初来高値を付けてから高値を更新、日経平均株価は5日連続高となりました。
日本市場では決算発表シーズンであり、 …

~以降は会員限定サービスです~Initial Members Club(イニシャルメンバーズクラブ)では、初めて投資を始める方にも安心して投資を始めてもらえるように、様々なサービスを提供しています。


※細心の注意を払い作成しておりますが、内容の正確性、及び安全性を保障するものではありません。 ※本サービスは、投資知識の学習の為の参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄について、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。 ※本サービスが利用者の自己責任のもと利用されるものであることに鑑み、発生したいかなる損害においても、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。    

Initial Members Club