基礎から学ぶプログラミングカリキュラム

Everybody in this country should lean to program a computer... becouse it teaches you how to think Steve Jobs Apple

無料体験説明会

第2第4土曜日にway garageプログラミングスペースにて実施中 initial members club

Services

way garageでは楽しみながら、何ができるかを理解しながら進められるかは大変重要と考えます。その要素を出来るだけ分かりやすく構成した内容になるよう継続して改良をはかっています。

未経験から2ヵ月で修得

HTML,CSS,JavaScript,JQueryまでのフロント言語からWebビジネスで必要なマーケティングの知識まで学習します。現役プログラマー、経営者がカリキュラムの制作に携わりました。

コミュニティ学習

仲間とともに学び、問題解決をすることで加速的な学習を支援します。カリキュラム終了後に行う同期生での合同ワークショップではアウトプット力も高まります。

いつでも質問

常駐しているアドバイザー以外にオンラインでの質問も可能で、企業が実際に作業共有に活用するグループウェアを用いるので効率的なコミュニケーションのスキルも学べます。

About Us

way garageとは

シリコンバレーや海外のベンチャー企業が、1つのガレージから始まることになぞらえ、IMCのコンセプトの一つである❝若い人材にとってのきっかけ創り❞そして❝実践による問題解決で生産性のあるフレームワークを体現❞という20代だからこそ切り開ける≪プロセス≫に武器を持って躍動する人達の≪集まって磨き合う場所≫になって欲しいというメッセージを持って名付けました。

IT人材不足が深刻化、2030年には78.9万人不足に

経済産業省(IT人材の最新動向と将来推計)によるIT人材は現時点で17万人超が不足していて、今後人口減少に伴い深刻化すると予測しています。各国と比較して管理職クラスの割合や理系出身者が少ない傾向があり、年収も500万円前後に集中していることが分かりました。これはサラリーマンの平均年収420万前後に比べても高い傾向にあります。

プログラミングの力を付けるチャンス

今後特に大きな影響を与える技術として「ビッグデータ」、「IoT/M2M」、「人工知能」について認識されていく中で、プログラミング技術は世界で共通のビジネススキルになっているのです。小学生から学習する流れも出ている中で、もはやスポーツと同じように高めることで世界で通用する能力になるのです。

人材不足に対する問題解決

GoogleやAmazon、Microsoft、Facebookなどの米国のIT企業は、従来は存在しなかった新しい製品・サービスの提供に挑戦し、今やそれぞれの領域においてトップブランドを築いています。Facebookのマークザッカーバーグ氏をはじめ、若い世代からのイノベーションの流れはこれからも増えることは確実です。こうした事実を踏まえ、米国のIT企業の高い競争力を実現しているのは、新たな領域への挑戦とそこでの勝利であり、また、それを可能にした革新的な発想力と高い技術力、そして未知の市場への挑戦意欲であるといえます。way garageではそうした挑戦者の第一歩のサポートをミッションとしています。

Reports

way garageでは定期的に活動についてや情報技術についてコラムを書いています。技術進歩の早い時代だからこそ、受講生には日々情報技術についてのフォローとキャッチアップを促進しています。初心者にもわかりやすいコラムとなっているのでぜひご覧ください。

IMCゲストーセミナー開催《サンビシッド代表取締役 吉田琢様》

【第2回】ビットコインを知る【テクノロジーコラム】

【第1回】VR、AR、MRについて【テクノロジーコラム】


Contact

Initial Members Club事務局 • 〒150-0002 • 東京都渋谷区渋谷2-10-15 NV1ビル2F • Phone: 03-6452-6556 • Email: contact@initial-members.net • Web: http://initial-members.net/